2019年02月22日

NHK「おかあさんといっしょ」体操のお兄さん&お姉さん4月交代に若いママさん悲鳴

yjimage.jpg


国民に愛されている番組ゆえの“悲劇”が起きてしまった――。NHK・Eテレの幼児向け番組「おかあさんといっしょ」の「体操のお兄さん」と「体操のお姉さん」の交代が18日、NHKから発表された。長年親しんだお兄さん、お姉さんとの“突然のお別れ”だけに戸惑い、残念がる母子は少なくない。そんななか、ある若いママさんが本紙に“悲しすぎる理由”を切々と語った。

NHKによると「体操のお兄さん」は小林よしひささんから福尾誠さんに交代。「パント!のお姉さん」の上原りささんから新たに「体操のお姉さん」として秋元杏月さんが4月1日から出演することになった。

「体操のお兄さん」は12代目。歴史ある大役を引き継ぐ福尾さんは順天堂大体操競技部のコーチだ。「全国の子供たちと遊べるのが楽しみ」と笑顔を浮かべた。秋元さんは新体操選手のキャリアが長い。

スポンサーリンク





14年もの長期にわたり出演した小林さんは「やりきれてホッとした気持ちが一番強い」と語り、7年間の上原さんは「たくさんの方に感謝の気持ちでいっぱいです」と万感の思いを伝えた。

 しかし、突然の卒業に戸惑っているのが、一番の視聴者である子供のいる家族だ。「おかあさんといっしょ」といえば、子供たちが出演者と一緒になってワイワイとスタジオで遊ぶ姿が名物。元気に走り回る子や、キョトンとして座る子など、個性豊かな姿に癒やされる視聴者も多かろう。何より、自分の子を憧れのお兄さんお姉さんらと共演させたい親は全国に大勢いる。

 テレビ業界関係者は「『おかあさんといっしょ』、そしてフジテレビ系『めざましテレビ』の『きょうのわんこ』は超激戦区。かわいい子供とペットを出演させたい親は星の数もいて、なかなか選ばれません」と話す。

スポンサーリンク





 そんななか2人の幼い子供を持つ都内在住の若いママさんの悲鳴をキャッチした。

 このママさんは「おかあさん――」の出演に応募したところ、当選が決まって大喜びしていた。だが、間が悪かった…。

「私は体操のお兄さん、お姉さんのファンです。卒業が18日に発表されたこともショックだったけど、19日にNHKから届いたメールでもっとショックを受けました」

 いったいどんな内容だったのか? そこには「今回お子様にご参加いただくスタジオ収録は、新年度放送分の内容となります。『よしお兄さん』『りさお姉さん』ではなく、新しい体操のお兄さん『誠お兄さん』・体操のお姉さん『杏月お姉さん』、そして歌のお兄さん『ゆういちろうお兄さん』・歌のお姉さん『あつこお姉さん』の収録となります」と書かれていたのだ。

「これまで子供と楽しんできたお兄さんとお姉さんとじゃないなんて…。まだ気持ちの整理がつかない。これまでの感謝も伝えたかったのに。杏月お姉さんってなんて読むのかしら」

 同様のショックは大なり小なり、各家庭にあるだろう。ちなみに杏月は「あづき」と読む。

 日本人なら必ず通る道が「おかあさんといっしょ」と言っても過言ではない。出演者の交代はやむを得ないこととはいえ、それでもショックを受けている家庭は多いだろう。

スポンサーリンク



posted by タリバン at 06:08| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする